スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

<自殺>45歳巡査部長 霞ケ関駅トイレで(毎日新聞)

 16日午前0時40分ごろ、東京都千代田区霞が関2の東京メトロ丸ノ内線霞ケ関駅地下1階のトイレで、警視庁留置管理第2課の男性巡査部長(45)が首をつって死亡しているのを同駅の男性職員が発見し、110番した。丸の内署は自殺とみて調べている。

 同署によると、巡査部長はトイレ個室内で、フックにバッグの肩掛け部分をかけ、首をつっていた。死後数時間経過していた。スーツ姿で遺書などは近くになかった。

 同課によると、巡査部長は08年2月から同課に在籍しており、今年5月下旬から体調を崩し休んでいた。15日に近況報告で職場に来る予定だったが、姿を見せなかったという。【神澤龍二】

<日本振興銀行>検査忌避容疑で家宅捜索 警視庁(毎日新聞)
<厚労相研究会>貧困による損失を数値化 初の推計(毎日新聞)
<中川順さん>7月5日にお別れの会 元民放連会長(毎日新聞)
小児の脳死判定基準で合意=来月の改正法施行で臓器移植委(時事通信)
【沈む島の真実 キリバスから】旧日本軍の痕跡(産経新聞)
スポンサーサイト

「心当たり全くない」事務所長の影山弁護士が悔しさにじませる/横浜・弁護士刺殺事件(カナロコ)

 弁護士の前野義広さんが刺殺された事件から一夜明けた3日、前野さんが所属していた横浜みらい法律事務所所長の影山秀人弁護士が取材に応じ、「消費者問題に熱心で、一人一人の依頼者に対してまじめに取り組んでいた。業務に関連した事件とは思っているが、心当たりは全くない」と悔しさをにじませた。

 「3年前からうちの事務所で働いている。仕事熱心で、対応も丁寧。人を怒らせるような人ではなかった」と振り返り、「両親も『苦労して弁護士になったのに』と落胆していた」と肩を落とした。

 影山弁護士は、オウム真理教信者に一家を殺害された坂本堤弁護士=当時(33)=と親しく、「坂本弁護士と家族を救う全国弁護士の会」の事務局長も務めた。「人の紛争にかかわる仕事をしているが、解決には社会のルールがある。私たちはルールに従い適切に解決したいと思っているが、自分の思い、主張を暴力で実現しようとする犯行には憤りを感じる」と悲痛な面持ちで語った。

【関連記事】
法律事務所で弁護士刺殺、トラブル後絶たず、同僚は怒りあらわ/横浜
過疎地派遣、若手育成も 県内初の公設法律事務所/横浜
法律事務所で刺された男性死亡、弁護士と確認/横浜
法律事務所で弁護士刺され死亡、業務に関連したトラブルか/横浜
坂本事件20年

<強盗未遂容疑>交番に「拳銃よこせ」67歳逮捕(毎日新聞)
<菅首相>世論好感で「第三極」に打撃(毎日新聞)
新首相、初外遊はサミットに=上海訪問見送り(時事通信)
普天間 沖縄で「反対闘争が激化する」と懸念(産経新聞)
いちよし証券元課長を追送検=2人から750万詐取容疑―警視庁(時事通信)
プロフィール

ミスターけいいちいわなが

Author:ミスターけいいちいわなが
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
フリーエリア
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。